TOP > 財産診断サービス

財産診断サービス

これからの“財産対策”

部分最適ではなく全体最適を考える必要があります。
  • 相続対策のために賃貸マンションを建てているが、空室が出そうで心配だ。
  • 所有している物件は、我が家の家族構成から見て最適なのかわからない。
御家の事情に応じた財産診断をする必要があります。
  • 本家の承継問題や、ご家族ごとに抱える問題、物件に対する思い入れ等を聞き取りします。
  • オーナーの同行案内のもと、全ての物件につき現地を診て、物件ごとに診断をします。
  • あるべき財産構成を検討します。
御家に最も適した提案をします。
  • 物件ごとの収益性・効率性診断、空室対策、その他その物件に取るべき対策を提案します。
  • ご家族構成に応じて、将来分けやすい財産への組み替えを提案致します。
  • 相続税の長期試算をします。
  • 合法的な相続税の節税提案もします。
  • 場合によっては法人化の提案もします。
  • 安心して老後を迎えられる提案をします。
安心です。
  • 会計事務所系支援センターなので、ご相談内容やご家族の秘密は厳守致します。
  • 将来ご家族がもめないよう、公正証書遺言作成の支援をします。立会証人(2名)にもなります。
  • 料金は財産の多寡を問わず均一です。
  • 提案だけでなく、必要に応じて資産組替え交渉の代理(別途見積り)や、専門家を紹介します。

診断報告までの流れ

・お申込み
  ↓
・料金の振り込み                
  ↓
・資料収集(固定資産税課税明細等)
  ↓
・事前準備(法務局等)
  ↓
・現地調査
  ↓
・聞き取り
  ↓
・診断報告書作成
  ↓
・アフターフォロー




財産診断の視点等

 ① この財産構成で将来もめないかどうか
 ② 相続が発生したときに納税が可能かどうか
 ③ 物納をしたいときに物納できる財産があるかどうか
 ④ 実際の価値以上に相続評価されるものがないかどうか
 ⑤ 空室率を縮小できないかどうか
 ⑥ 生命保険を活用できているかどうか
 ⑦ 固定資産税負担から見て、それが最有効利用になっているかどうか
 ⑧ 相続人にその財産を管理していく能力があるかどうか
 ⑨ 財産を引き継いだ人に喜ばれるものか
 ⑩ リスクの高い投資商品に偏っていないか
 ⑪ 管理会社が適当かどうか
 ⑫ 法人化できる物件がないかどうか
 ⑬ 所得税を過大に納めすぎていないか
 ⑭ 相続後すぐに手を加えなければならない財産はないか
 ⑮ 遺言書を作っているかどうか     等